イベント Thanks

収穫祭

※日本の農村各地では春の田植え時期に水路の水口に五穀豊穣を願いお神酒等供える水口祭(みなくちさい)と言う農耕儀礼があります。山梨の郷土料理として伝わる「やこめ」は、米と大豆で炊いた塩味ご飯がベースです。苗代用の籾種を焼いて、焼き米転じて「やこめ」をお供えして戴きます。
山梨の峡北地方に伝わり、米が貴重な時代に大豆でかさ増しして食べたご飯。素朴でありながら懐かしい味のスローフードであり、大豆に野菜、カチリを加え輿石家流にアレンジし代々食べて
きた美味しい滋養食「長寿やこめ」を地産地消の味として
2000年会員制発足時からイベント会場で販売し地域おこしを広めています。是非この機会にご賞味ください。

ご近所の皆さん朝ですよ~のろしを上げて!?
明野の畑のゆず、ジャガ、玉ねぎ、ペポ南瓜生野菜の飾り
他の場所にも ♥
浅尾大根
太陽がサンサンと降り注ぐ日照時間日本一の明野畑の浅尾大根!

「長寿やこめの作り方」は調理実習で行っています!

※個人またグループ等の場合10名~20名の人数でお申込みされてください。

早朝からテキパキと!母は強し(^-^;
(2015年の時はお手伝い戴きました)
明野大豆をほっくほくに煮ます
加薬にする野菜は我が家流の煮つけ方

定期開催のお知らせ

やこめについては長きに渡り伝統継承の広報活動に努めて参りました。これもひとえに初代からの会員やファンの皆様のお陰です。世代を繋ぎ遺す為にも「日本の薬膳奥義書」で紹介しておりますが、もち米を蒸かし大豆がコロコロ入った健康滋養食の「長寿やこめ」をもっと身近に日々の食卓の味としてご家庭で拵えて頂きたく存じます。毎年11月の恒例の収穫祭ご来訪の際はそれぞれにお作りした話等お聞かせ頂ければ幸いです。

2024年初回6月1日(土)以降定期開催スタート

  • ♢会場 北杜市所管施設 ◇対象者 一般(県内外問わず) ◇時間 午後1時半~4時(試食時間含む)
  • ♢定員 各施設により変動20~30名 ◇参加費 880円小淵沢店にて事前申込(受付票を渡します)
  • ♢持ち物 各自エプロンと筆記用具 ◇長髪の方は三角巾持参か髪を結い上げ入室ください

注意事項等:

  • 衛生上お持帰り分はご用意致しませんので予めご了承ください
  • 調理室では蒸かし器等利用の為万が一の事を考え乳幼児学童の入室はお断りさせて頂きます
  • 開催日によっては県の施設を利用する場合がありますが申込時にご案内致します
※2000年スタートの恒例収穫祭は本所小淵沢店にて毎年開催しています。
当時から同じ恒例メニューは、「長寿やこめ1折1000円」
浅尾大根の「根昆布出汁のおでん5種セット500円」
おみゆきワインに各種イタリアンメニューもご賞味ください。
同時演奏会
忙しい合間に毎年岩手の震災復興ボランティア活動もされている彼等に拍手喝采!!
杜の赤松通りからこだまする・・それはそれは素敵でカッコイイ演奏会でした♪
SAX 千木良くん
BASE 根本くん
TROMBONE 鈴木くん
GUITAR 浦上くん
KEYBOARD 山田くん
DRAM 山本くん
折詰めにした元祖ミルキーハウスの「長寿やこめ」!!皆で歌おう!!
企画でお招きした八ヶ岳の金野様夫妻。
汗びっちしの私(^-^;終了後
母とほっとして・・お疲れさん(笑)
歌に参加された午前の部の方たち
移住された方や別荘の方々など皆でワッハハ歌い笑って健康に♪
五感健康教育は外せない!
2015年は明野畑の恒例イベントをカフェ事業をスタートした小淵沢Café Milkyにて行いました。体に染み入る滋養食材は、明野の浅尾大根と明野大豆、それに甘酒を加えました。日本の旨味調味料から根昆布、鰹節、煮干たっぷりの出汁の「おでん」、それと薬味野菜を入れたわが家流マンマの味「やこめ」どちらもスローフードです! やこめは主に山梨北部に伝わる地元の人も忘れかけている 郷土食の為、その復活版をお披露目として実施させて頂きました。
別荘の方々も加わって下さり盛会里に終了、地域の皆様と温かな交流ができて母の記念日にもなりました。
有難うございました。感謝!
大地の恵みに感謝!
収穫祭は明野浅尾大根が大きく育って1番美味しい収穫時期の
毎年11月第3週の日曜日に開催!
どなたでも参加出来ます。

みゆき先生のMemorial Thanks!!

2015収穫祭 Cafe Milky諏訪店 食育推進全国大会 2010木曽路だより2008年写真展「心と体を癒す美味しい五感食の野菜たち」 2007年11月「明日の山梨を考えるフォーラム&メッセ」出店 2006夏イベント出店