カフェミルキー小淵沢:ミルキーハウス:ハーブ研究所

ホーム

ミルキークッキングプロカレッジのベーシック講座はこちらから

ミルキークッキングプロカレッジ協会

概要

ミルキークッキングプロカレッジ(MILKY COOKING PRO-COLLEGE以下ミルキーカレッジと言う)は、日本国に所在するハーブ研究所ミルキーハウス(2000年設立)代表の輿石みゆきが2018年にIDEA-PROJECT 1(イデアプロジェクト第一弾企画)としてスタートしたものである。「VIVRE SA VIE 太陽の下で自然のめぐみを感じ皆とふれあい生活を楽しむ」のコンセプトはそのまま「次世代の体感し体験する心と体の健康食」としている。

今迄の経済システムの中での食生活スタイルから本来の食の在り方を見直し、自然界の大地に根を張り息づく生き物たちと共存してこその「命の食」であると原点に帰りこれからの子らに体験の中で認識させて行く五感育成の健康教育とする。

また講師も受講生もそれぞれの学びを相互に活かせる組織を目指し、受講のみならず人ひとりが次世代の食農の架け橋になり就労受入れに続くプロ養成システム(Milk-Potミルクポット)を組み込んだカレッジ様式としている。

農村漁村の豊かな日本の大地で、環境に優しい生活を誰もが享受できる生き方を。日本食こそ世界のスローフードの原点。薬味スパイス(ハーブやスパイス、生薬含む)を有効活用し未病予防の為に生体免疫を高める為に各人の体質に合った健康食を発信していく。

その発信力はこのミルキーカレッジに所属する講師陣及び受講生夫々の手腕に掛かっている。その為こちらの趣旨に副わないと思える場合は持続登録の必要性はないとしている。ミルキーカレッジ協会の想念が明るい地球環境の未来のゲートを拓き永遠に引き継がれ一人一人の幸せの「御幸道」になる事を願う。

生活様式また周りの環境様相が激変している「今」大切な基本の「食」とは何か。まさしく次代を駆け抜けるに必要なスローフードは「心の古里」であり、また母なる大地の「味の故郷」でもあります。

命を繋ぐ、生きる為の「食」がこの講座を通じて、ご自身の気付きに何かヒットする事を期待し、あらたな感覚が覚醒され、自然と和合つまり調和すべく生き方として本来の心と体の健康づくりにお役立てできれば幸いです。

フードコーディネーター 薬膳料理研究家
ハーブ研究所ミルキーハウス代表 輿石 みゆき

主な指針及び活動

  1. 土壌環境に適した農作り

    ・水路循環システムの土地作りPH検査・生産需要と供給バランスの向上
    ・農業従事者の受入と育成

  2. 地域密着型の食と健康メニュー作り

    ・人口動態統計、罹患率と併せた食提案
    ・配食ルートデリバリー受入サービス施設の確保

  3. 医療と福祉従事者による健康増進メニュー作り

    ・体づくり=健康体型維持及び生活メニュープログラム
    ・コミュニティ提供

  4. 災害対策区域等都市計画に対応した移住者受入れ体制作り

    ・高齢弱者の為の市民循環バス等の増設
    ・滞在体験により農業への関心意識を高める
    ・無医村へき地対策診療所の開設を勧めていく

協会年会費
個人 10.000円
法人 50.000円
お振込先
山梨中央銀行 敷島支店
八十二銀行 諏訪支店

お振込み後の返金はできませんのでご了承ください。また振込手数料は入会者様のご負担となります。

◎会員は個人法人に係わらず各機関紙等に記載されますが予めご了承くださいませ。
また既にミルキーカレッジにご登録戴いている五感健康教育の講師も登録料は掛かりませんが、協会規程によりこちらの年会費手続きがあらたに必要となりますのでご理解の程宜しくお願い致します。

資料請求はこちら